オリジナルエコバッグを展示会で配る

エコバッグ17

展示会で配るバッグは歩く広告塔となります。

自社のロゴやブランドをプリントしたエコバッグであれば、受け取った来場者は勿論のこと、持ち歩く姿を見る通行人の方まで、広く自社イメージを浸透させることができるからです。

ここでは、オリジナルエコバッグを作成する魅力と、制作業者に発注する際の注意点を紹介していきます。

エコバッグを展示会で配る意味

オリジナルエコバッグを展示会で配る企業が増えています。新商品の発表会の席で配るグッズは、参加者の記憶に残るアイテムであることが大切です。長きに亘って繰り返し使えるエコバッグであれば、展示会に参加した方に喜んでもらえるのです。

エコバッグは多くの方が日常的に使うアイテムです。

買い物での利用から、出かける際の荷物入れなど、様々な用途に使える点がノベルティグッズに向いているのです。エコバッグには、小物を入れるコンパクトなタイプから、沢山のものを積み込めるトートタイプまで、用途に合わせた様々なものがあります。

バッグの大きさを定める場合には、表面にプリントするロゴや図柄を基準に選ぶのも良いでしょう。グッズを企画する際には、無料で配布するか、有料で購入してもらうかの検討を行なうことも大切です。展示会に来場した方にオリジナルのエコバッグを渡すことにより、参列者の方に歩く広告塔となってもらうことが可能となります。

長きに亘って自社ブランドのイメージを持ってもらうことは勿論のこと、持ち運ぶ姿を見る通行人の方まで、広く自社イメージを浸透させることができるのです。

エコバッグの魅力

エコバッグの魅力はどこへ出かけるにも負担を感じることがない、小さめなサイズと軽量さにあるでしょう。

エコバッグに用いられる素材には、軽量なだけではなく、耐久性も備わっています。買い物の際に多くのものを詰めても破れない頑丈さが備わっているのです。エコバッグを作る際には、用途に応じて素材を選ぶことも可能です。

軽量さを重視するのであればポリエステル、カジュアル性に重きを置くのであればデニム生地など、イメージ通りの素材選びができる点も魅力です。お洒落でありながら、持ち運びがしやすく、高い耐久性を誇る点がエコバッグの人気の理由です。

エコバッグを制作する際の流れ

自社でオリジナルのエコバッグを作る際には、事前に制作の流れを把握しておくことが大切です。企業で行われる展示会の席では、多数の参列者が集まるものです。

バッグの制作に掛かる工数を把握しておかなくては、イベントの開催に間に合わなくなる恐れもあります。予想される来場者数分のバッグを制作することが可能かを判断するためにも、どのような工程で作られていくかを把握しておきましょう。

エコバッグの製造を請け負う業者では、ネット上から注文が行えるところもあります。自社のサイト上にデザインサンプルを多数用意してある場合も多く、イメージに近いスタイルのバッグを選んで注文することが可能となっています。

どのようなデザインで作るかを決めた後は、バッグを仕上げるための素材選びに移ります。素材選びを行なう際には、来場者の年代を考慮に入れることも大切です。主婦層が多い場合には使いやすさを重視した素材、若年層の来場者が多く見られるイベントでは、触り心地や見た目を重視するなど、展示会に相応しいものを選ぶことが大切です。

ロゴやブランドイメージが明確に伝わることが大切

展示会で配るノベルティグッズには、自社のロゴやブランドイメージが明確に記載されていることが大切です。長きに亘って使ってもらえるバッグ上に、自社イメージをプリントすることは多大な広告効果をもたらすからです。

バッグにプリントするデザインを決める際には、大きさから決めていくことが大切です。販促目的に応じてデザインするキャラクターやロゴが変わっていくこともあります。社内にデザインに長けた人材がいる場合には、入稿前にサンプルの作成を行なうのも良いでしょう。

エコバッグを専門に扱う業者のなかには、デザインだけではなく、プリントイメージの仕上げを行なうところもあります。専任のデザイナーが在籍し、依頼者のイメージに従ったプリントイメージを作ってくれるのです。社内にデザインに詳しい人材がいない場合には、トータルで請け負ってくれる制作業者を探すのも良いでしょう。

イベントグッズを発注する際の注意

イベントグッズの制作を依頼する際には、幾つか注意しておくべきポイントもあります。求めるデザインイメージに近いバッグを作れたとしても、必要以上に納期が掛かってしまっては意味がありません。想定する注文数をどの程度で作成できるかを視野に入れた業者選びを心がけましょう。

イベントの内容によっては、直前でロゴイメージが変わるなど、趣旨の変更が起きる場合もあります。デザイン経験が豊富で対応力の高い制作業者を選んでおくこともイベントを成功に導くためには必要です。大規模会場で行われるイベントの場合には、来場者に配るグッズの数も相当なものとなります。

大量のエコバッグを現地に運ぶ際には、それなりな手間も伴います。エコバッグを納品してもらうときに、現地への直接配送を行なってもらえるかも、業者選びを行なう際の大切なポイントです。

グッズ配布後の効果測定を心がける

展示会でノベルティグッズを配った後には、効果測定を行なうことも大切です。オリジナルのエコバッグにアンケートハガキを内包するなど、受け取った側の心象を把握することを心がけましょう。記念品の類いとはいっても、エコバッグは日常的に使う雑貨です。

受け取った側の使い心地や改善案などの意見を聞き入れることも必要なのです。定期的にイベントを開催する業種の場合には、次回に渡すグッズを作成する際の参考にもなるでしょう。評判の良いグッズを渡していくことは、自社イメージの向上へと繋がっていきます。

イベントの際に渡したグッズが、来場者にどのような心象を与えていったかのデータをまとめておくことも大切です。

オリジナルエコバッグは高い販促効果を得られる

オリジナルエコバッグを展示会で配ることにより、来場者に歩く広告塔の役目を担ってもらうことが可能となります。バッグを制作する際には、ロゴやブランドイメージを明確に伝えることが大切です。エコバッグの制作を行なう業者によっては、デザインからトータルで請け負うところもあります。

制作後の発送方法も含めた形での業者選びを心がけましょう。